事案概要

 

お父様を亡くされた方からのご依頼です。

相続人はお母様、ご依頼者、兄弟2人の計4名でした。

 

相続人ではない義理の兄弟が遺産分割の話し合いを主導し、ご依頼者の意見にはまったく耳を貸さず自身の意向ばかりを押し付けてきていたそうです。

 

ご依頼者は、相対での話し合いはできないと思われ、当事務所にご相談にお見えになりました。

遺産は、不動産や株式等合計約6200万円でした。

 

 

当事務所の対応

 

家庭裁判所に調停申立を行い、相続人間で話し合いを行いました。

調停の結果、ほぼ法定相続分どおりに分割する内容で調停が成立し、ご依頼者は約1000万円を取得されました。

前の記事

佐野市 Y・Iさん

次の記事

大阪府 M・Iさん