ある日突然、自宅に役所から固定資産税の支払いを求める手紙が届きました。

よくよく読んでみると、夫の両親名義の不動産について、夫が固定資産税を支払っていたものの、夫が亡くなったことから相続人である私に固定資産税を請求するという内容でした。

 

私は、まだ子供が小さいころに子供を連れて別居して以来、夫とは全く会っておらず、夫はおろか夫の両親が亡くなったこともまったく知りませんでした。

私のところに役所からの手紙が届いたということは、子供に対しても同じように手紙が届いているのではないかと思い尋ねたところ、やはり子供にも同様の手紙が役所から届いていました。

私も子供も夫の遺産など欲しくはありませんでしたので、相続放棄をしたいと思いました。

 

しかし、どういった手続きをしたらいいのかまったくわかりませんでした。

たまたま、上野弁護士とは町のお祭りでお会いしたことがありましたので、上野弁護士にお手続きをお願いするのが一番良いと思い、ご相談に伺いました。

上野弁護士は、快く私と子の相続放棄の手続をお引き受けくださいました。

 

上野弁護士はすぐに相続放棄に必要な書類を揃えて裁判所へ提出してくださり、この度無事に手続きが完了したとのご連絡をいただきました。

相続放棄の書類を裁判所に提出すると、裁判所から確認の書面が来るというお話だったのですが、この確認の書面の書き方も丁寧に教えていただき、特に戸惑うこともなくスムーズに手続きすることができました。

 

やはりこういったことは専門家に相談するのが一番だと思いました。

この度は大変お世話になりました。ありがとうございました。

次の記事

館林市 M・Oさん